2013年12月11日

2013年紅葉狩り(3日目・後半)

3日目(11月28日) 後半です! 

上御霊神社

相国寺から歩いてすぐ。応仁の乱の発端となった地として有名な御霊神社です。
色付きが良いという情報を聞いて来たのですが、
予想どおり本殿の裏は陰なので晴れの日はコントラスト強すぎ。。。
うーむ。これが限界でした。でもきれいなのはなんとか伝わるかしら。
ここはカメラ上手なかたが撮るととにかくきれいなんですよ(涙)

2644.jpg

2645.jpg
境内にあるお稲荷さんの鳥居と紅葉。
うーむ。ここもこれが限界でした。
コンデジ使いはつらいよ。

次は鞍馬口駅から
地下鉄とバスを乗り継いで
四条京阪前へ。


正伝永源院 (建仁寺塔頭)

特別公開中なので来てみました。
公式サイトやポスターには座敷から見たワイドな紅葉庭園画像が載ってますが
一般人にはあんな風には撮れないのよね〜! 大丈夫、わかっていますよ〜(笑)

2646.jpg

部分的にはこのようなかんじに撮れました。

2647.jpg

建仁寺塔頭は明治期の神仏分離政策で規模を縮小されましたが
正伝院と永源庵が合併してこの地に復興したのが「正伝永源院」です。

正伝院は織田信長の弟である織田有楽斎ゆかりのお寺。
永源庵はあの細川家ゆかりのお寺。
ということで両家の寺宝が残されているのですね。
狩野山楽に交じって細川護熙元首相筆のフワッとした襖絵があったりして面白かった!
解説員のかたのとても分かりやすいお話も楽しかったです。ありがとうございました。

2648.jpgすぐ隣にビルが迫って来てるのが残念。

ひどい画像だけど
参考までにってことで
お許しくださいませ。

正伝永源院は秋の公開は初ということでしたけど
春の公開では紅枝垂れ桜、
春後期の公開ではツツジ(キリシマツツジとヒラドツツジかな?)も見られるようなので
機会があったらぜひ伺いたいです。


西来院 (建仁寺塔頭)

2649.jpgここも特別公開中。
花見小路通りから
建仁寺境内に入ってすぐの塔頭です。
門前の紅葉が
いつも気になっていたのです。

今年は門前はまだ見頃前でしたが
門内に散りじゅうたんのスポットが
ありました。

2650.jpg寺院で名画を観賞、というコンセプトで
有名な尾形光琳の「八橋図屏風」や
菱川師宣、雪舟などの高精細複製品が
展示されていました。
近年、京都文化協会とキヤノンとの共同プロジェクトで制作されているあれです。

みんなバシバシ撮影してるので
ちょっとビビりました(笑)

←これは雪村周継筆の「竜虎図屏風」より
ファニーフェイスな虎さんですw

2651.jpg庭園に良い形のカエデがあるんだけど
残念ながら見頃過ぎでした。
ここは進行早いのですねー。。。

代わりにこんなのを撮ってみました。
ちょっと地味ですかね(笑)


建仁寺 境内

境内は立派なカエデが多いです。見頃ピークぐらいだったかな。
ちょっと黒っぽくなっちゃったけど夕日に輝くオレンジの散り紅葉。

13kenninjimatu.jpg次は
ラストの智積院へ
バスで向かいます。


智積院

近年、境内にアジサイやカエデが植えられて徐々に整備されてきましたが
まだ名所としては知名度高くないのでゆっくり見られます。
もうだいぶ日が傾いてきてしまってたけど
よく手入れされているのでしょう、ポテンシャルの高いカエデばかり!
新しい庭園は魅力ないかなぁとか思ってましたがとんでもなかったです。

決して狙ったわけじゃないのですが、お坊さんが頻繁に通られるのでこんな光景が撮れました。

tisyakukondo.jpg

有料の区域にも、講堂の五色幕とコラボした枝ぶりのいいカエデが。
(庭園にも少しだけカエデありましたが夕日が変な具合に当たっててうまく撮れず)

tisyakuinkodo.jpg

↓無料区域の中には紅葉に埋もれた鐘楼が!
ここでパンツェッタ・ジローラモが若くなったみたいなご主人と
美人の日本人奥様のご夫婦に声をかけられ、デカいiPadで写真を頼まれたのですが
お二人と紅葉のあまりの美しさに手が震えて激しくシャッター連打してしまいましたw

tisyakusyoro.jpg

tisyakusyoro2.jpg埋もれすぎ!

ほんとに夢のように美しい夕暮れでした。
拝観はここで時間切れ。
時間に余裕があるので、祇園までバスで戻ってうどん屋さんの「常盤」へ行ってみたら
まさかのお休みw
なので、同じぐらい好きな「おかる」に入りました。


おかる の「のっぺい」

2656.jpg「のっぺい」は
「しっぽく(おかめみたいなやつ)」に
あんがかかったものです。
てんこ盛りのおろし生姜を溶かして
汁は全部飲むべし!!
あったまるよ(@´ω`)


京都駅ビルのクリスマスツリー

2657.jpg恒例のでかツリー!
今年は京都市とケルン市が
姉妹都市提携50周年なので
他にもドイツをサブテーマにした
イルミネーションが楽しめるそうですよ。

ってことで今回の旅は
これでおしまいです。
バイバイ京都。

長々とありがとうございました。
posted by まきぼう at 11:25 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月08日

2013年紅葉狩り(3日目・前半)

3日目(11月28日) 曇りのち晴れ 気温低い(10℃ぐらい)

早起きして臨戦態勢整えてバイキング会場に向かったら誰も並んでなくてズッコケました。
昨日の大行列は何だったんだ?何だったんだ?

南禅寺

今季のJR東海のキャンペーン地ってことで混雑必至なので敬遠するつもりだったのですが
色付き良さそうな気配を感じて行ってみたのです。
そしたら当たり!三門から法堂付近がきれいに色付いてるのを初めて見ることができました。
朝なのでまだひどい混雑ではないにしても、どうしても人が写っちゃうのでこんな画像で。。。

2633.jpg


最勝院高徳庵(南禅寺塔頭)

2634.jpg初めて行ってみましたら
参道が素敵に色付いてました!

暗かったので
実際の美しさを写し撮ることができてないです。
見たままが撮れるカメラが欲しい。。
(しかも簡単なやつ)

2635.jpg門の中もこんなかんじに鮮やか。
公開寺院ではないので
静かに拝見させて頂きましょう。


南禅院(南禅寺塔頭)

10年ぶりに入ってみました。ここもドラマチックなまでのカラフルさ!
池の向かい側はだいぶ散っていましたがそれでも素晴らしかったです。

2636.jpg

紅葉の奥に亀山法皇廟所。分骨が埋葬されてます。

nanzeninhaka.jpg

池の周りをぐるりと散策しながら振り返って撮りますよ。
方丈屋根とカエデの共演 たまらんですね。

2637.jpg

古いコンデジでもこんなにきれいに撮れるとは・・・ 思わず池を2周しちゃいました。

2638.jpg


南禅寺三門

15年ぶりぐらいに登ってみました。
階段が急でかなり怖かった記憶があるのですが実際そんなにたいしたことなかったです。
おかしいなぁ?年とって図太くなったのか(笑)

なんかあんまり高さも遠近感も表現できてない画像ですけども。

2639.jpg

天授庵もまだ見頃で踏ん張ってますね。

nanzenjiue2.jpg

いろいろ満足して、昼近くなって南禅寺を出た時にはかなりの人出になってきてました。
オマケで画像をもう一個。三門から通りに出たところ。人出がすごいので上のほうだけ。
ここを撮ることは滅多にないのですけど今年はきれいだったので。

2640.jpg


相国寺

観光客はポツポツしか来ませんが、実は紅葉のレベルが高い相国寺。
巨大なカエデが毎年鮮やかに染まってくれます。
↓特にこの鐘楼前などは圧巻の迫力です。
構図とか何も考えないで撮っちゃった。わけわかんないですね。

2641.jpg

syokokujiki.jpgドヤァァ!!!

修復工事中の方丈に代わって公開中の開山堂。
ってことは開山堂と庭園が見られるのはとりあえず今季が最後なのですね。
  ※追記 2014年秋の公開では、修復の終わった方丈とともに
        開山堂も引き続き公開されているようです!

小川の流れ(現在は枯れてしまったけど)と枯山水からなる珍しい庭園。
紅葉も計算されつくしています。
同じく最後の公開となる円山応挙筆の芭蕉小狗子図(子犬の絵)とともにしっかり見てきました。
庭園は逆光であまりうまく撮れなかったけど。。。

2642.jpg

もういっちょ開山堂庭園。
あぁなんか撮影失敗したなぁ。もっといろいろ見方変えて撮れば良かった。
いつも反省してばっかりです。

2643.jpg
(後半に続きます!)
posted by まきぼう at 10:26 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月06日

2013年紅葉狩り(2日目・後半)

2日目(11月27日) 後半です。

清凉寺

ここもおととし来たばかりなので予定には入れてなかったのですが
色付きが良いという情報を頂いたので急きょ少しだけ寄ってみました。
そしたらほんとに!さすが清凉寺と言える色が待っていてくれました!
無料の区域だけですが楽しませて頂きました。

まず本堂横から奥に向かうとこんなカエデが目に飛び込んできます。

2617.jpg

2618.jpg庫裏前にあるちょっとした庭園風の
ワクワクする小道
散りが始まってとてもきれい。
無料とは思えません。

seiryojihondo.jpgそして来た方向を振り返ると
こんな光景が!

このあと、
多宝塔のほうも行ってみました。
多宝塔横の赤い紅葉は見頃だったけど
夕方の光ではうまく撮れそうもないので
見るだけで我慢の子でした。


直指庵

嵐山のにぎわいがはるか昔のことのように思える静けさ。
ひどく交通の便が悪いわけでもないのに(大覚寺からじゅうぶん徒歩範囲だし)
混雑と無縁なのはなぜかしら?
まぁでもだからいいんですけどね。
散りも始まって境内全体が別世界のようでした。
まずはよくある構図ですが本堂からの眺め。燃えてるみたい!

2620.jpg

2621.jpg奥へ向かう小道と待ち合い風の門

ああ紅葉よ、
どこへ私をいざなうのか

なんちゃって

奥へ進むと幽寂な雰囲気の中に小さなお堂。これ何?観音堂か何かでしたっけ。

jikisiandou.jpg

さらに奥には茅葺き屋根の修練道場を囲む姿の良いカエデたち。

jikisiandojyo.jpg

修練道場からは樹形も美しいこんなカエデが見えて

jikisiandojyoniwa.jpg

落ち着いた時間を堪能させて頂きました。

空模様が怪しくなってきたので急ぎ足で大覚寺へ向かいまして。
途中からポツポツと来てしまいましたが、大沢池に着く頃には傘をたためる程度になって一安心。


大覚寺・大沢池

時間も押してきて薄暗くなってきてしまったので、まずはとにかく大沢池を一周します。
池周囲はなかなかいいかんじに色づいてきてました。
ここは進行やや遅めなのでちょうど見頃ピークぐらいだったのではないかしら。
夕方なので正確な色はよくわからなかったけど、
堤タクシーさんいわく「今年は赤黒い木が見られ進行にバラつきもある」とのこと。
ってことは例年はもっと激しく真っ赤になるということなのですね。
うーん、ポテンシャル高いのね大沢池。

daikakuikeki.jpg

対岸のこの建物は何でしたっけ。ええと、望雲亭?
舟も浮かんでいます。これに乗ってお月見をするのですかね。

daikakufune.jpg

明るいところはこんな華やかな色付き。池の中のポコポコした薄茶色のものはハスの枯葉ですね。

daikakuhasu.jpg

どーん! 紅葉に囲まれる心経宝塔!
JR東海「そうだ 京都、行こう」のポスターはどこで撮ったんだろう?
探したけどよくわかりませんでした。↓ここじゃぁなかったみたい。

daikakujiiketo2.jpg

そういえばJR東海のポスターにしてもその他テレビの旅番組にしても
紅葉画像の色補正やりすぎですよね(笑)
派手派手な蛍光色みたいになっててちょいと興ざめですよね。
「CM上の演出を施してあります」みたいな注意書きがあるにはあるけど・・・

池を一周したあと大覚寺堂内も拝観しましたが、すでにほとんど真っ暗だったので写真は無しで。
拝観後は市バスで京福の嵐山駅へ戻りました。
バス待ちと移動のあいだに雨が降り始め、徐々に本降りに。
散策終えたあとの雨で助かりましたほんと。


嵐山さくら餅 稲 のほうじ茶パフェ

2628.jpgこの日は幸いあまり寒くなかったので
駅前の甘味屋でガッツリとパフェ食べました。

いつもは抹茶パフェにすることが多いけど
今回はほうじ茶に行ってみました〜。
意外に抹茶よりサッパリして
香ばしくていいかんじですのよ。


京福電鉄 嵐山駅

「はんなりほっこりスクエア」というのですか、
駅全体がすっかり小ぎれいに今風に変わっちゃっててびっくり。
和雑貨とか軽い食べ物とかも充実してますね。
友禅のポールを林に見立てたというこんな風雅なオブジェもあってますますびっくりですわー。

2629.jpg


京のつくね家 の親子・鴨 小セット

食べログの親子丼画像に魅かれて、嵐電とバスを乗り継いで丸太町川端までやってきました。
普通のうどん屋さんみたいなつくりのお店なので気軽なかんじで入れます。
親子丼単品だとウズラの卵がトッピングされるんですが小セットにしたら乗ってなかった。(涙)
でも丼とソバ両方食べたかったからいいんだ!

2630.jpgどっちも山椒がきいてて
親子丼は玉子トロットロ。
鴨なんばは
しっかり濃いめのお味で
ウマかったですー。

ってなかんじで
怒涛の2日目も終了。
(3日目に続きます!)
posted by まきぼう at 10:15 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月06日

2013年紅葉狩り(2日目・前半)

2日目(11月27日) 晴れのち一時雨 気温若干高め(15℃ぐらい)

朝、なるべく早く出かけたかったのですが
トップシーズンとは言え週末でもないのにホテルのバイキング会場が長蛇の列。
今までいろ〜んなホテルに泊まりましたがあれほどひどいのは見たことないです。
○条○丸の○イ○○イ○ッ○ホテル。
フロントはカードキー任せで人数少ないし、、、ブツブツブツ、、、
腹いせにバイキングは超速攻でアホみたいにたらふく食べておきました。

宝厳院

遅れを挽回し、なんとか予定通り嵐山に到着。
宝厳院、昔より着実に人出が増えてます。

hougonmino.jpg受付近くの蓑垣

hougonkaki.jpg
撮影するには根気が必要ですね。
順路がくねくねした回遊式庭園なので
たとえ朝一でも少し混んで来ると
人が写り込むこと必至ですから

根気よ〜〜く待って撮った
豊丸垣(ほうがんがき)

そして獅子岩! 奇跡的に人が途切れた瞬間にこんなのが撮れました。
あぁなんてきれいな色。夢のよう。

hougonsisi.jpg

hougonsisi2.jpg
そしてこれが獅子のお尻!
マーベラス!ファンタスティック!


hougoninyane.jpgこれは
通用門でしたかね。

ところで、この翌日の朝にこの宝厳院からNHKの中継がありました。ホテルで見てびっくり。
良かった〜前日に行ってて。中継はほんとにやっかいですから(;´・∀・`)
そういえば豊丸垣の前で
NHKのスタッフ証を付けた若い人たちが打ち合わせしてるとこを見ましたが
あれロケハンだったんですね。メモ片手の打ち合わせだったので何かの勉強会かと思ってました。


天龍寺

当然ながら平日にもかかわらず激混み。
境内はいつものように真っ赤な色付きで見頃継続中でした。

13tenryujikuri.jpg

そういえば書き忘れてましたが、
今年はJR東海のキャンペーンで「そうだ 京都、行こう」スタンプコレクションをやってます。
70か所の社寺にそれぞれ木版画調の可愛いスタンプが用意されてるということなので
私もやってみることにしました。(集めてどうするというわけでもないのですけど)

なのにスタンプのことをすっかり忘れて受付に入ってしまったので
いったん外に出て売店でスタンプ押して何食わぬ顔で戻って受付を素通り(笑)

曹源池庭園の紅葉は進行早いので、すでにピークはけっこう過ぎちゃってましたが
見頃を保ってくれてました。
逆光でなんとも厳しい画像。。でも池に映ってるのはわかりますよね。

13tenryujiikenana2.jpg

似たような画像ですがちょっと違う角度から。嵐山もきれいに色付いてました。

13tenryujiikenana.jpg

13tenryujiike.jpgやはり少し色が
さめちゃってますね。


大河内山荘

天龍寺北門から竹林の道を抜け、大河内さんのお庭へ。
秋に来るのはすごく久しぶりです。
入ってすぐのお茶席のところからもうきれいに色付いてました。

2607.jpgこれ、中門(ちゅうもん)というのですね。
おもむきのある小さな小さな門です。

嵐山の中では穴場のはずなのになーんか人が多いなぁ?と思ったら
何やらこの日の朝にNHKの中継があったんですと!
(朝食バイキングに時間かかったので見逃してたのです)
いや〜参りました。。
毎年なるべく避けたいと思いつつ歩いてますがたまにビンゴの時あるんですよね、中継。
去年は瑠璃光院がニアミスで危ないとこだったです。

これは大乗閣。この付近は色付きのいい木が多いです。

oukoutiie.jpg

2609.jpg奥のほうは散りが進んで
見頃終盤のかんじのとこもありましたが
ここは寂れた散りの雰囲気が良かったなぁ。
←滴水庵でしたっけ?

一周してお茶席に戻って、
いい色の紅葉の下で
お抹茶とお菓子を頂いて大満足。

参考までに、↓これは入り口付近から撮ったものです。
右奥がお茶席、左に見えるのが中門、中央奥が大乗閣。
この3か所は色付きが良いことが多いんじゃないかしら。
大乗閣より先は寂れた感じで目立った見どころは少ないですが
年によってはいい絵が撮れるかも?ってなかんじです。

2613.jpg


二尊院

おととし来たばかりなのですが、
その時は色付きが浅め&朝日で光っちゃってうまく撮れなかったのでまた来てみました。
紅葉の馬場は全体が一気に染まることはないのでしょうかね。
今年は↓この位置からが一番色付き良く見えました。全体的には見頃後半だったでしょうか。

13nisoninbaba2.jpg

2615.jpg←この丸いところ一個一個に
「二尊院」って書いてあるのです。

 二
院 尊  って。

(↑スペース余ったので遊んでみた)

勅使門前の色付きはまだ余力がありそう。新鮮な色のグラデーションですね。

nisoninmonmae.jpg

勅使門。ここはひっきりなしに人が通るわ立ち止まるわ騒ぐわでもう大変。
辛抱強く待ってこれが限界でした。もっと引いた絵が撮りたかったけど早朝以外は無理ぽです。

nisoninmon2.jpg
(後半に続きます!)
posted by まきぼう at 00:09 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする