2015年06月28日

紫陽花コレクション 9 善峯寺

過去画像を紹介するシリーズ、アジサイ編最終回は満を持して善峯寺です。
個人的に一押しと言ってもいいくらい今熱い名所です(`・ω・´)=3
谷間から崖の斜面一面に植えられた約1万株のアジサイは必見ですよ。
今日は旅行記(13年紫陽花と青もみじと蓮(3日目))のほうで紹介しなかった画像を載せますね。

幸福地蔵が祀られたお堂と開山堂の先に、崖の上と下へ向かう遊歩道があります。

yosimine13saka.jpg(2013年6月25日)

この「白山 桜あじさい苑」は2002年ごろから崖の杉林を伐採して整備されてきました。
京都のアジサイ苑はどこもまだ新しいですね。
市内で最も古いのは1988年完成の藤森神社ですって。

懸崖造りのお堂の下。

yosimine13jizosita.jpg(2013年6月25日)

この時よりも今年(2015年)はもう少し花付きが良いようですよ。

yosimine13sakasita.jpg(2013年6月25日)

谷底にも歩道は続いていて、開山の源算上人が写経に使ったという湧き水「白山名水」がありますよ。

崖の上からは山並みと遥か遠くの京都の街が見渡せます。
左に写ってるのは高い急斜面に建つ白山社の鳥居。

yosimine13torii.jpg(2013年6月25日)

その鳥居付近の崖から見下ろしたところ。下手すると転げ落ちますので自己責任で。

yosimine09ajitoro.jpg(2009年6月15日)

転げ落ちない場所からも絶景を望めます。開山堂と幸福地蔵。

yosimine13kaizan.jpg(2013年6月25日)

どーん! 旅行記のほうにも載せましたがやはりこの画像。雰囲気が一番伝わるかと思いまして。
(腕の問題で伝わらなかったらすみません。立ち位置の限界もあるのよ)

yosimine13hiki.jpg(2013年6月25日)

最近ではブームに乗って「天空の花園」とか呼ぶ人もいるようで。(^౪^)
画像よりもっと花付きの良い年もあるようですのでぜひ一度どうぞ。損はしないと思います。

【追記】 またその他の名所書くの忘れてました。(;´・∀・`)
二尊院岩船寺 でしょうかね。
岩船寺は一度行ってみたいのですがいつも計画だけで頓挫してますw
あと福知山の観音寺も行ってみたいところの一つです。
posted by まきぼう at 01:23 | Comment(0) | 紫陽花・蓮・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月23日

紫陽花コレクション 8 楊谷寺・三千院

手持ちのアジサイ画像もあと少しになりました。
(検索していらしたかたごめんなさいね最近は過去画像ばかりなんです)
今日は私の力不足でうまいこと撮影できなかった2か所を紹介します。


楊谷寺 (ようこくじ)

長岡京市にある山寺。隠れたアジサイ名所でございます。
あじさいまつり中ということでJR長岡京駅からシャトルバスが出ていました。
(今年の祭りとバスについては長岡京市のサイト等ご確認ください)
森と崖と延々続く竹林を抜けて、バスははるか山奥へ。

訪れた年は花が少なくて、撮影ポイントがちょっとしかなかった。。(´・ω・`)
しばらくは行く機会がないと思いますしせっかくなので画像貼っておきますね。

山寺なので起伏のある境内です。こちらは阿弥陀堂裏。 

youkokugakeyoko.jpg(以下すべて
2010年6月27日)

ここから奥の院へ向かう「あじさいのみち」や「あじさい回廊」に
約30種約4500本のアジサイがあるそうです。
えーとここは阿弥陀堂を見下ろしたところかな?

youkokujiyane.jpg

youkokugake.jpg同じくそのあたりの崖。

いまひとつパラパラなかんじの画像ばかりになってしまいましたが
例年はどんなかんじなのでしょうか。

多くの立派な伽藍と庭園もあって変化に富んだ境内ですし、紅葉もきれいなようなので
いつかまた行けたらいいなぁ。


三千院

紅葉名所として有名な有清園や往生極楽院の奥に紫陽花苑があります。
しかしどうやらここは株の大きさのわりに花密度が低めのようです。剪定の具合でしょうか。
もしかして今は増えているのかしら。

sanzenajienta.jpg訪れた日は大雨だったのでろくに撮影できませんでしたが一応載せておきます。

(以下すべて2010年6月26日)

杉林のあいだにワイルドなかんじで植わっています。

sanzenajienhiki.jpg

気になったけど何かわからず撮影したこれ、
どうやら珍種とか幻の花とか言われる七段花のようです!

sanzensiti.jpgボケボケ。。

アジサイの種類は少ないですが、他に京鹿の子、金糸梅、ビョウヤナギ、シモツケなども見られましたよ。
posted by まきぼう at 01:15 | Comment(0) | 紫陽花・蓮・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月22日

紫陽花コレクション 7 梅宮大社

コレクション最多登場(たぶん)を誇る花の神社です。
東神苑から北神苑に向かう道の塀沿いと
北神苑の勾玉池周辺の道沿いに60種類500本ほどのアジサイがあります。

こちらが塀沿いのアジサイですの。

umenomiya09ajimiti.jpg(2009年6月15日)

こちらは北神苑。パッとしない画像ですみません。。

umenomiya09ajipink.jpg(2009年6月15日)

画像整理して改めてよく見たら、
6月初旬には開花の早いアジサイが北神苑の半日蔭で見頃になっていました。
日本自生種のヤマアジサイですね。
大きくて華やかな園芸種と比べるとそれほど目立ちませんが
目を向けるとたおやかな美しさに気付きます。
草姿がすっきりしてて葉に光沢が無いのが見分けるポイント。
いつも個別の品種については画像を載せてませんでしたが今日は貼ってみますよ(`・ω・´) シャキーン

これは紅手毬かなぁ。。交配種かもしれませんが。
白いのにベニかよ?と言われそうですがベニテマリ最初は白なのです。

umenomiya11tema.jpg(以下すべて
2011年6月9日)

品種名不明 たぶんガク咲きのヤマアジサイ。
ガク咲きならガクアジサイじゃね?と言われそうですが、ヤマアジサイも多くはガク咲きなのです。

umenomiya11yamapi.jpg

これも品種名不明 たぶんガク咲きのヤマアジサイ。もしかして交配種かなぁ

umenomiya11hosi.jpg

これは「綾」ですかね。たぶんそうだ。

umenomiya11aya.jpg

これは「舞妓」ですかね。たぶんそうだ。

umenomiya11mai.jpg

何ぞこれ?? 白舞妓の咲き始めでしょうか?

umenomiya11mido.jpg

もしかして名札着いてるのでしょうか。全然見てなかったです(笑)
アジサイについては以前勉強したのですけども、外見だけでの品種名の同定は難しすぎますね。
梅宮大社では積極的に新品種の導入が進められているそうですので
しばらくしたらまた行ってみます。
posted by まきぼう at 01:31 | Comment(0) | 紫陽花・蓮・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月19日

紫陽花コレクション 6 法金剛院

2〜3日更新しないと季節があっという間に先へ進んでしまいますね(涙)
各地から、半夏生が見頃に入ってきたとか桔梗も咲き始めたなどの情報を頂いてます。
しかたないのでマイペースで記事書きますね(´ω`)

初夏の緑あふれる境内は、受付近くに沙羅双樹と菩提樹
庭にはクチナシ、スカシユリ、ナデシコ、ニワナナカマド、花菖蒲
そしてもちろんアジサイ! という豪華さです。
この後しばらく初夏には訪問してないので、もしかしたら今は多少様子が変わったかもしれませんが。

アジサイはまだ色が浅く新鮮でピチピチ。

hokongo09siroaji.jpg(以下すべて
2009年6月14日)

hokongo09kutigak.jpg重量感がかっこいい庫裏玄関と
クチナシと額アジサイ。

hokongo09genkan.jpg玄関とアジサイをなんとか絡めて撮ろうとしたら間抜けな画像になってしまいました。

こちらは礼堂前の額アジサイ。
やはり普通の丸い「手まり咲き」よりも額アジサイのほうが進行早いですね。
アジサイにおける本当の花であるところの、中央に集まったプチプチした部分「両性花」が開いてます。

hokongo09gaku.jpg

hokongo09sirogak.jpgご存じのかた多いと思いますけど、
中央が本当の花ってことは周囲の小花みたいな部分は花じゃないわけですね。
花としての機能が無い「装飾花」
しかも花弁のように見える部分は萼(ガク)なのですよね。

礼堂斜め前の淡〜いピンクの額アジサイは両性花がモサモサに開ききってピーク過ぎてました。


暑さが大の苦手なので
このあと蓮が盛りになってくる光景は見たことがありません。
これから先も見ることはないでしょう(笑)

以上、法金剛院でした。
posted by まきぼう at 01:47 | Comment(0) | 紫陽花・蓮・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする