2016年05月13日

2016霧島・牡丹・藤(3日目-1)

3日目-1(4月24日) 晴れのち曇り 気温24度だけど日なたはけっこう暑い

最終日です。
花の進行具合を鑑みて行程を決めたので、ちょっとゲルマン民族のような大移動になってます。
しかも(いつものことですが)朝食バイキングでエネルギー充填120%、昼食は抜きで歩きます。
良い子はマネしないでね。

妙心寺大心院

はるか昔に一度拝観したことがあるのですがあまり記憶がなく・・・

この日は本堂でお参りはできないとのことでしたので
大書院前の方丈東庭(阿吽庭)と
キリシマツツジのある方丈北側の中庭のみ見せていただくということで
おそるおそる上がらせて頂くと、

16daisin1.jpgどーん!!

キリシマツツジ、樹齢はすでに380年ほどだそうです。いぶし銀の風格。

16daisinmadomido.jpg

小さなお庭なので鮮やかな赤がガラスに映ります。あっ自分も写ってるw

16daisintoroutu.jpg

16daisinup.jpg

しかし先端部は花も葉もついていない乾いたかんじの枝が目立ちます。
近年衰えてきているのだそうです。
遠くない未来にこの姿は見られなくなってしまうのでしょうか。

16daisinsaku.jpg

日差しがきつすぎてハイライト部がすっ飛んでしまう。。

16daisinhiki.jpg

ちょっと大書院前へ行ってみると白砂が美しい阿吽の庭。
おお、こちらも昭和の作庭家・中根金作氏によるものですね。

16daisinniwa.jpg

16daisinniwa2.jpg

私のほかに写真撮りに来たかたが二人、
お互いが写り込まないようにツツジのまわりをグルグルグルグル

16daisinnana.jpg

16daisinwatate.jpg大心院と言えば宿坊が有名ですね。
この画像の手前の建物で
ちょうど宿泊者さんがたが朝食を終えたところのようでした。

お寺の小さい坊っちゃんが片付けのお手伝いの途中で我々を見て
"この人らは一体なぜ誰もいない所で写真を撮ってるんだろう?"と疑問を持ったようで
カメラの前へポーズをとりに来てくれました(笑)
そりゃ不可解にも思うだろうなぁ花の写真だけ撮ってるおっちゃんおばちゃんなんて(爆)

16daisinzabu.jpg

名残惜しい老キリシマツツジ。
またいつか会いましょう。それまでどうかどうかお元気で・・・


本満寺

牡丹見頃過ぎちゃったかなーと思いつつ来てみました。
あんのじょう早咲きはもはやグズグズに崩れたものが多く・・・
しかしちゃんときれいなものもありました。
八重桜の関山は散り激しい終盤。

16honmansakubo.jpg本堂前

16honmanpinsi.jpg

16honmanpin.jpg本堂横

ピンクの絨毯できてます!

16honmantiri.jpg七面堂前

牡丹はやはり黄色が見頃新鮮。

16honmanki.jpg七面堂横

早咲きの枝垂れ桜は見事な新緑でフサフサになっていました。

16honmanhiki.jpg庫裏前

16honmanyane.jpg奥は妙見宮

16honmankitate.jpgもうちょっと早く来れたらよかったなー
残念無念。

次はバスを乗り継いで北へ。無謀な移動ですけども。

(3日目-2に続きます)
posted by まきぼう at 19:38 | Comment(2) | 牡丹・山吹・霧島躑躅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば、私、大心院には行ってなかったです。
こんなに立派なキリシマツツジがあったのを知らなかったとは、何してんだか。
来年の課題とします。

それにしても、妙心寺から本満寺、さらには曼殊院とは本当に大移動ですね。
最後は平等院で締められたとの事ですが、
素晴らしい行動力に脱帽です。
Posted by なおくん at 2016年05月13日 21:40
私も大心院にキリシマツツジがあるのを知ったのは去年です。
どんどん衰えて来てるみたいなので
ご覧になるなら早いほうがいいかもしれないです(´・ω・`)

キリシマと牡丹とフジの名所を進行が早い順に並べて行程を作ったら
こんなことになってしまいました(笑)
三室戸寺や鳥羽が見頃なら洛南でまとめるコースも可能なのですけどね(;^^)
良い子はマネしないで欲しいです。
Posted by まきぼう at 2016年05月14日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。