2016年10月03日

「そうだ京都行こう」紅葉コレクション 9 天龍寺

JR東海のキャンペーンにちなんだ紅葉コレクション(うちの過去画像を紹介するシリーズ)です。
通し番号なので(9)から始まりますw

▼今年のキャンペーン舞台、天龍寺のCM
http://souda-kyoto.jp/campaign/index.html

soukyo_tenryu2.jpg

天龍寺は開基が足利尊氏、開山は夢窓疎石、後醍醐天皇の菩提を弔うため開かれたという超名刹でございますね。
キャンペーン打つまでもない と言ったら身も蓋もないですがw
リピーターの皆さんは今季は避けたほうが無難でしょうね(´・ω・`)

まず総門から入って参道両側の塔頭近辺や龍の天井画が有名な法堂の前にも色付きの良い木がたくさんあります。
ただ大半が駐車場になってるので風情には欠けるかも。

庫裏前の木も毎年発色が良いです。
とにかく人が多いのでこんなかんじの煽りぎみでないと撮れませんが。
▼2013年11月27日  

13tenryujikuri.jpg

そして夢窓国師の作庭と言われる曹源池庭園ですよ。
庭園全体が真っ赤になるわけではないですが様々な色と借景の嵐山との共演が美しいです。
天龍寺へは最近では2007年と2013年に行きましたが、どちらもコンデジの設定を間違えてて特に2013年は色がひどいです。
何故か枚数もあまり撮ってなくて(´・ω・`) 反省。。参考にならなくてすみません。

曹源池庭園の紅葉は境内(庫裏の東側)よりも色付きが早く、高雄、比叡山、貴船・鞍馬、大原、鷹峯の次ぐらいに見頃になるので、2013年はすでにピークはだいぶ過ぎてしまってました。
▼2013年11月27日  右奥は書院

13tenryujiike.jpg

▼2013年11月27日

13tenryujiikenana.jpg

2007年は色付きは淡いけどちょうど見頃新鮮。
大方丈からはゆったりと庭園をながめられますが、外にひしめく観光客で景色が隠れてしまうこと必至です。
▼2007年11月17日  人が途切れた一瞬に撮ったので変な構図。

07tenryujidokara.jpg

▼2013年11月27日  逆光で色がひどい。。大方丈前にものすごい人! 

13tenryujiikedo.jpg

▼2007年11月17日  同じ場所とは思えない色(笑)

07tenryujiikedo.jpg

池の後ろの「望京の丘」や多宝塔への渡り廊下付近や北門までの順路でも紅葉が見られますのでぜひそちらも見てね。
▼2013年11月27日 これは北門付近のカエデ。

13tenryujitate.jpg

とにかくどの季節も(朝一でも)人に酔ってあたふた歩いておしまいになってしまいがちですが、時間に余裕を持って堂内も含めゆっくり拝観してくださいませね。

以上、天龍寺でした。
posted by まきぼう at 02:34 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。