2016年10月26日

「そうだ京都行こう」紅葉コレクション 12 仁和寺

途中で放置してましたが、JR東海のキャンペーンにちなんだ紅葉コレクションやってます。
手持ちの過去画像を使って名所を紹介するシリーズです。
今季4か所目は仁和寺です。
http://souda-kyoto.jp/tokusyu/autumn/2016/special.html

soukyo_ninnaji.jpg

仁和寺と言えば京都屈指の桜名所ですので紅葉のほうは昔は盲点だったのですが、さすがにもうバレましたよね(。´ω`。)
とは言え境内が広いので渋滞するほどの混雑にはなりませぬ。
あっ御殿の廊下は渋滞しますが。

2006年(紅葉進行遅めの年)の訪問時は色付き極めて良好、時期もほぼ盛り。
2013年(進行遅めながら散りの早かった年)は色付きにムラがあり全体としてはピーク過ぎ。
でした。

花見の時はパスしてしまうかたも多いと思いますが秋の御殿は見なければ損でございますよ。
大玄関・白書院・宸殿と続く廊下を進むと、ところどころで鮮やかなカエデに遭遇できます。
▼2013年11月26日  散り始め

2587.jpg

北庭と南庭の堺にある塀付近の発色が特に好きです。真っ赤のみではない多色使いの美しさ。
このへんは境内の中では色付き早いのでご注意くださいませ。
2006年もすでに散りが進んでます。(2013年はほぼ散ってた)
▼2006年11月25日  古いカメラなので若干変な色

06ninnahei.jpg

座敷に座って眺められないのが残念なのですよね〜ここ。
▼2006年11月25日  宸殿北側の優雅な庭園

06ninnaike2.jpg

▼2006年11月25日  回廊から見た宸殿

06ninnaden.jpg

御室桜園の先から金堂までの参道両側の紅葉もきれいです。
2013年は参道の半分ほどで色褪せていてすでに盛り過ぎでした。
▼2013年11月26日  でも黄色は鮮やか。(笑える構図ですみません)

ninnatouki2.jpg"

2006年はバッチリでした。写真は変だけど。
▼2006年11月25日  金堂前から中門方向 

06ninnatoro.jpg

金堂横のカエデはいつも目の覚めるような赤に染まります。
色の違いはどんな条件によるのでしょうね。
▼2006年11月25日

06ninnakonup.jpg

金堂横、向きを変えると五重塔が入ります! ヒャッハーしながら撮りました。
▼2013年11月26日

ninnatouaka.jpg

仁和寺では現在観音堂が修復工事中でして(紅葉狩りにはほぼ影響ないです)、11月頭に修理現場公開が行われるそうですので興味ある方はこの機会にぜひ。
京都府文化財建造物修理現場公開2016
http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/?page_id=64

以上、仁和寺でした。
posted by まきぼう at 21:00 | Comment(2) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竜安寺の紅葉は行った事があるけど、
仁和寺は無いですね。
今年は候補に入れておこうかな。
Posted by なおくん at 2016年10月26日 22:59
なおくんさんこんばんは。
秋の仁和寺行かれたことなかったですか、それは意外ですね。

御殿の廊下は混むので落ち着けないし
庭園に紅葉がたくさんあるわけではないのですが
個人的には見る価値あると思います♪
Posted by まきぼう at 2016年10月28日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。