2016年12月05日

2016年の変な紅葉(1日目-1)

満を持して2年ぶりの紅葉狩りです。
自らに課すプレッシャーがすごいので直前には緊張のあまり片頭痛になりましたw

まず11月に入っての突然の色付き加速で、第一弾の高雄などに素晴らしい色が出たとのこと。
その他の各地も早々と進み、善峯寺三室戸寺仁和寺智積院今熊野観音寺毘沙門堂のドウダンツツジなど色付き良好という情報が聞こえて来ました。
18〜21日頃がピークだったのかな?

しかしその後の高温と雨で第一弾は散り果て、第二弾が上手く続かず、第三段は青葉のままという最悪の事態に。
急なことだったので変更もできず、端境期のような日程での上洛になってしまいました。

今回行った先の大半に言えるのが、
・早く色付いてしまい早々と散り果てた葉
・まだ枝に残っているくすんだ色の葉
・盛りで色の良い葉
・色付き進行中のくすんだ色と青葉

これらの混在でした。
ですので画像もほとんどがイマイチです!
しかし今後の参考のため多めに載せることにします。  前置き終わり。

**************************


1日目(11月24日) 曇り時々晴れ 気温13.5度(やや低い)

朝起きたとたんの福島沖地震、50年ぶりの11月の雪、という不穏な気配のなか出発しました。

円山公園

通りすがりなので池周辺少しだけのチェックです。
このあたりの紅葉、例年はわりと真っ赤になると思うのですが今年はいろいろ混在ですね。
ベトナムっぽい人が写ってる。

16maruyama.jpg


知恩院

行きたいところがたくさんありすぎたので友禅苑をパスしてしまいましたが、もしかしたらまだ見頃継続中だったかも(>_<)
まずは納骨堂と橋。色付きは中途半端です。

16tioninnoukotu.jpg

御影堂工事はまだ続行中ですが紅葉狩りには影響なし。
「智慧の道」という名の(長い道の一部分であるところの)石段を登って法然上人御廟へ向かいました。実は初めて(^m^〃)

16tioninkaidan.jpg

16tiongobyoumon.jpg

境内の一番高いところ、崖のような地形にすでに散り紅葉がびっしり積もっていました。

16tiongobyoutiri.jpg

お参りをする拝殿の前。今年にしてはかなり色付きの良い木です。

16tioningobyou.jpg

拝殿の中からの眺め。

16tiongobyouhai.jpg

ここまで登ってくる人はポツポツとしかいないし、御廟はちょっとした穴場です。でもちゃんとお参りはしなくてはね。

次は方丈庭園へ。
大方丈南面から小方丈南面にかけての池泉庭園(の端)。
紅葉は多くはないけど当たりの年には美しくなりそうです。当たりの年にはね。

16tionoohoujyou.jpg

小方丈東面の枯山水庭園「二十五菩薩の庭」。
こちらはまだ色付き途中。状態は良さそうでした。ここも当たりのときはきれいでしょうね。
植え込みはおそらくサツキ? サツキ名所としてもツツジ名所としても聞いたことがないのですがどうなんでしょう。咲かないのかな。

16tionkohoujyou.jpg

黒門から帰ることにします。
画像がちょっと暗いけど大庫裏(雪香殿)の散り紅葉がきれいでした。

16tionookuri.jpg

北門周辺のカエデも散りがあるのにまだ色付き途中。まさに混在。本当に変です今年は。

16tioninkitamon.jpg

次は効率を考えて隣の青蓮院へ行こうか迷ったのですが、おそらく紅葉がまだ盛り前であろうと判断し、何故か相国寺へ(笑)  (後半に続く)
タグ:旅行記 洛東
posted by まきぼう at 08:24 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。