2016年12月09日

2016年の変な紅葉(2日目-2)

2日目後半です。

旧三井家下鴨別邸

10月1日から初の一般公開が始まり、11月19日〜12月4日の特別公開期間には二階座敷や三階望楼も拝観できるというので行ってみたのですが、、、少なくとも一時間半待ちと言われパスしました。無理無理!
外壁の写真だけ撮ってみたけどなんだこりゃorz

16kyuumituike.jpg

庭園の紅葉はかなり遅い色付きのようで、12月に入ってから見頃を迎えたとのことです。
機会があれば下鴨神社とセットで拝観できますね♪
それにしてもそこまで日当たりの悪いかんじではなさそうなのに、どういった要因で紅葉の色付き早さが決まるのでしょうか。


河合神社

このまま帰るのもアホっぽいので、銀杏を見に寄ってみました。
美人祈願のパワースポットなのですかそうですかそうですか・・・
帰り道でコケて手のひらの皮が剥けて散々でした。

16kawaijinjya.jpg


北野天満宮

例年色付き遅いので今年はちょうどいいかなと思いきや…盛りにはまだ早かった。
ほんとに今回は端境期ですなぁ。。
もみじ苑 すなわち「ブラタモリ」でもおなじみ、御土居です。
豊臣秀吉が洛中の境界のため等に築いた土塁の一部が今に残り史跡となっているのです。
朱塗りの舞台から

16kitanobutai.jpg

前回訪問は2008年でしたが、その後さらに整備され本殿を望む展望所が設けられました。
JR東海のキャンペーンポスターのように撮ってみたかったけどあれは大人の事情で無理なので(笑)↓違う場所から。
左奥に写ってる銀杏、屋根に降り積む黄葉が素晴らしくてびっくり。
近くまで見には行きませんでしたが。。

16kitanohonden.jpg

うっそうとした部分もあるのでカエデの色付きはまちまちで例年美しいグラデーションが見られますが、今年はさらにまちまちでまだ青葉も多いです。
色付きが遅れたので公開期間も延長されたとのこと。

上から見た朱塗りの鶯橋

16kitanoue.jpg

下から見た鶯橋

16kitanohasi.jpg

橋から見た紙屋川。このあたり特に青葉が多いです。

16kitanomido.jpg

反対岸を戻ってくると赤い色付きが多くなり散り絨毯もたっぷり。
前回見た時はこんなに絨毯できてませんでした。やはり今年はかなり進行にムラがあるようです。

16kitanotateaka2.jpg

16kitanotateaka.jpg

16kitanotateaka3.jpg

この橋を渡って折り返し。このへんも青葉多し。

16kitanohasi2.jpg

ぐるっと一回りしたら茶店でお茶と「老松」のお菓子が待っていますよ。お茶はポットから注ぐセルフのお茶ですけどお菓子めっちゃウマいです。
で、夕方になってしまいましたがここで拝観を終えるのももったいないので速攻で「しょうざん」へ向かいました。


しょうざん庭園

「しょうざん」というのは鷹峯の緑豊かな敷地内に料亭やウエディング会場やボーリング場などが建つリゾート施設でして、北の端にある日本庭園が紅葉穴場なのです。
夕方でだいぶ暗くなってしまったけど滑り込みセーフ

16syouzanjyunro.jpg

カエデはかなり散りが進んで散り絨毯の見頃になっていました。
よく手入れされているらしく見ごたえある美しい絨毯です。素晴らしいです。
職人さんお手入れ中

16syouzanhito.jpg

戦後取り壊す運命にあった茶室や建物を移築し紙屋川を中心に北山台杉や紀州青石を配置して作られたという回遊式庭園なのでございます。

16syouzaniwa.jpg

奥にある小屋みたいなのは酒樽を利用した酒樽茶室ですって(。´ω`。)
あとその周囲の枝は梅だそうです。

16syouzankoyatate.jpg

酒樽(笑)

16syouzankoyaup.jpg

17時近くなりだいぶ暗くなってしまって残念。次回はもう少し時期も時刻も早めに来ようっと。

16syouzaniketa.jpg

16syouzanike.jpg

庭園を出て、徒歩&バス利用で帰る場合は敷地内を縦断し南端にある駐車場のフェンスみたいな出口から出ることになります。敷地内はところどころライトアップもされていて面白いです。
料亭「千寿閣」の前。左側は御土居跡らしい。

16syouzanmiti.jpg

向こうに見えるはガーデンチャペル!

16syouzanraito.jpg

駐車場から出て少し歩けば千本通に出ます。北木ノ畑町バス停がすぐですがここのバス路線は一通なのでご注意くださいね。


月ヶ瀬祇園店 のクリームあんみつ

あんこをつぶあんに変更してもらいました♪
「変更できます」ってメニューに書いてあるのです。決してただのワガママじゃないです。
ちょっと歩きすぎて足の爪が紫になって死んでたので甘いものはホッとしますね。

16tukigase.jpg

土産物屋とか覗いて再び腹が減ってから夕食行きます。


豆雅傳 の生ゆば丼

お手頃価格で豆腐料理にトライできる、外国人さん仕様の面白い店です。
まず「日本のかたですか?」と聞かれます(笑)
隣のテーブルでは日本通の香港のかたらしきカップルがメニューを見て(なまじ通なだけに)さんざん迷っていたり、その隣のお一人様は湯豆腐の薬味を鍋に入れちゃったりで(席が遠くて教えてあげられなかったのです。いぢわるで見てたわけじゃないです。)楽しかったです。
でも生ゆば丼は塩っ気も出汁もちょっと薄かったな〜

16tougaden.jpg

2日目はこれでおしまい。3日目に続きます。
posted by まきぼう at 22:59 | Comment(2) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかしな紅葉が多かった中で、北野天満宮は比較的ましでしたね。
紅葉越しの本殿も綺麗に撮られているではないですか。
私は見事に沈没でした。
生ゆば丼も美味しそうですね。
Posted by なおくん at 2016年12月22日 20:45
なおくんさんこんばんは!

北野天満宮まあまあきれいでしたね。
本殿は苦しまぎれの構図でしたが綺麗に見えているようでしたらよかったです。。
あとお菓子がおいしいので終わりよければすべて良しです(笑)

生ゆば丼は味薄かったので醤油垂らしました。
気軽な豆腐料理でしたらとようけ茶屋のほうがいいかな(;^^)
Posted by まきぼう at 2016年12月24日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。