2015年05月06日

杜若コレクション

引き続き、秋まで上洛できないので古い画像を貼っちゃう自己満足シリーズをやってます。
今年の状況ではないのでご注意くださいませ。

カキツバタの優美な姿は京の都に良く似合うと思います。
白や青のスッとした花が幅広の葉っぱに隠れぎみなので、
色も多彩で存在感ある花菖蒲と比べるとちょっと撮影が難しいですね。。
(・・・と、ハードルを下げておく。)

大田神社

境内にある「大田の沢」には平安時代から知られているカキツバタ群落があります。
これはまだ7分咲きぐらいですが結構びっしり咲いてますね。
ちょっとカッパでも出て来そうな雰囲気。 (2005年5月7日)

ootajinjyayoko.jpg

今年(2015年)の大田神社は花が少なめだそうです。鹿に食べられたらしい、とのこと。。
過去に一言寺の紫陽花・金福寺の桔梗・石山寺(滋賀)の花菖蒲なども鹿に花芽を食べられた
という話を聞いたことがあります。
山に近い地域は住宅街のそばでもけっこういるみたいですね、鹿とかイノシシとか猿とか。


金閣寺

kinkaku05.jpgフィルムカメラで、
ファインダー覗けない体勢で
数撃ちゃ当たる方式で撮った力作です。
常に安いカメラで頑張っています(;´ω`)

(2005年5月9日)

今ならもう少しマシに撮れると思うのでまた行ってみたいなぁ

kinkaku05yuko.jpg(2005年5月9日)


渉成園

アヤメ属の見分け方には、見ためや雰囲気の違い以外にも「見頃になる順番」がありますね。
シャガ→イチハツ→アヤメ→カキツバタ・黄菖蒲→花菖蒲 というかんじでしょうか(;´ω`)

syoseikisyobu.jpg渉成園はカキツバタはあまりありませんでしたが
黄菖蒲がきれいでした。
でも黄菖蒲は要注意外来生物に指定されてる
帰化植物なのだそうです。。
花菖蒲には黄色系が無いのにね(´・ω・`)

(2005年5月9日)


梅宮大社

白いカキツバタ楚々として美しいのですが、まだ全然ピーク前なので地味な画像です。

umemiyasiro.jpg(2012年5月10日)

umenomiya05tate.jpgこれもまだまだ。
この池はちょっと凝ったつくりなので
満開になるといい写真が撮れそうなのですけどね。

(2005年5月9日)


勧修寺

kajyuji2.jpg白・青のカキツバタと黄菖蒲。
これもまだ花数少ないですが。

(2012年5月10日)

引きで見るとこんなかんじのワイルドな池ですよ。 (2012年5月10日)

kajyujipano.jpg


平安神宮

さすがは平安神宮、上の勧修寺と同じ日ですがそこそこ咲きそろってきてます。

heiankaki2.jpg(2012年5月10日)

heiankaki.jpg(2012年5月10日)

heiansuirentate.jpgピーク前の画像ばかりで
ちょっと地味だったので
最後にスイレンを載せて終わりにしますね。
(カキツバタさん申し訳ない。。)

(2012年5月10日)
posted by まきぼう at 23:20 | Comment(0) | 躑躅・一初・杜若・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月05日

躑躅コレクション 後半

普通のツツジ(平戸ツツジ)コレクション後半です。今年の状況ではないのでご注意くださいませ。
あぁぁもう今年のツツジシーズンも終わってしまいますね。。

妙満寺

洛北のはずれにありそうなイメージですが(そんなことない?)交通の便はさほど悪くないですし
混まないのでお勧めなのです。
ツツジは境内に約3000株。特に門前が華やかです。

この画像はピークを少し過ぎてしまっていて、職人さんが“一番花”の花がら摘みに入ってます。

myomanji12.jpg(2012年5月10日)

myomanjitate.jpg(たまたま大法要準備中で
門前に旗が立ってます)

ピーク過ぎてるので
はっきりとはわかりませんが
花付きがいま一つだったような。

(2012年5月10日)

myomanjinaname05.jpgこの年は良く咲いてました。

(2005年5月7日)

myomanjiike05.jpgカキツバタも咲き始めてます。
もしかしてカキツバタは今はもう無いのでしょうか・・・?

(2005年5月7日)

方丈へ向かう参道沿いにもツツジがたくさん。

myomanjisando.jpg(2012年5月10日)

境内だけなら無料ですけど、せっかくなので「雪の庭」もぜひ!
ツツジはちょこっとしかないけど額縁庭園を独り占めできますよ。


蹴上浄水場

山の斜面にある広大な敷地に4600株のツツジがポコポコときれいに植えられていて
開花期には無料で一般公開されるのです。
※今年の公開は6日まで!
浄水場なのでそっち方面に興味のあるかたは2倍楽しめますよ。

keagehiki2.jpg以下すべて
(2012年5月9日)

施設を見学しながら高地へ登って行きます♪ (見学しなくてもいいです)

keageyane.jpg

kwagetate2.jpgこの時は開花にバラつきがあって
絶好調ではなかったのですが

それでも一面のツツジに圧倒されます。

keagemiti.jpg

そして、少し登っただけでどこかの避暑地のようなこの絶景!

keagepano.jpg

山と言っても登るのは苦にならない程度ですし何しろ楽しいので
特に健脚ではないというかたにもトライして頂きたいです。


三室戸寺

京都のツツジと言えば・・・何と言ってもローマです! じゃない、三室戸寺です。
山の斜面を2万株のツツジ群生が埋め尽くします。
上のほうは丸く刈り込まれてなくてワイルドに茂りまくりなので
蹴上浄水場とはまた違ったおもむきですよ。

mimurototemae.jpg以下すべて
(2012年5月9日)

この年は春先の寒さの影響で初夏花もやや遅れ気味でしたが
ツツジは開花後の進行が速くて一気に見頃ピークを若干過ぎたかんじでした。

mimuroto2.jpg

花にまみれながら山の上まで散策できます。

mimurotoue.jpg

花の時季のみオープンする茶屋で休憩もできますよ。

mimurotokasa2.jpg

ツツジは熟しきって香りムンムンになると蜂がすごいので
群生地を散策する際は充分お気を付けくださいね。

【追記】 その他の名所を書くの忘れてました。
善峯寺安楽寺城南宮智積院境内 などでしょうか・・・
サツキのほうが多いところはまた後日紹介します。

以上、ツツジコレクションでした。
posted by まきぼう at 20:58 | Comment(0) | 躑躅・一初・杜若・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月04日

躑躅コレクション 前半

秋まで上洛できないので古い画像を貼っちゃう自己満足シリーズ、
今回は普通のツツジ(平戸ツツジ)コレクションです。今年の速報ではないのでご注意くださいませ。
何かの参考になればいいのですが。

東福寺光明院

紅葉の穴場ですが(もう穴場じゃないですかね)ツツジも素敵なのです。
重森三玲の枯山水庭園を一歩下がって彩るように楚々と咲くのが可愛らしかったのですが・・・

komyoin05.jpg(2005年5月7日)

ここ数年はどうも花付きが良くないようです。

komyoinyoko.jpg(2012年5月9日)

今はどうなってるのでしょうか。。また復活してくれるといいのですが。


梅宮大社

ここのところ当ブログでは出ずっぱりの初夏の花満載の神社。
この画像だとちょっとしか写ってないですが、池の周囲や島にすごい勢いでワサワサに咲きます。
霧島ツツジの後ろに平戸ツツジの小道。

umenomiyakiritutu.jpgワクテカ♡

(2008年4月27日)

北神苑のまわりでは蛍光色のでっかいのが咲きますよ

umenomiyatutuup.jpg(2012年5月10日)


随心院

参道に並んでいる下の段の小さい株がサツキで、うしろの大きい株がツツジです。
2005年にはこのように見事に咲いていましたが、最近はあまり咲かないみたいですね。。

zuisinin05.jpg(2005年5月8日)

zuisiningyak.jpg(2005年5月8日)

境内奥に咲く霧島ツツジやシャクナゲが素晴らしいので、
特に当たり年は本当に素晴らしいので、それも載せたかったのですが
まだ撮影してません(笑)
行かれたことないかたにはお勧めします(`・ω・´)=3 平戸ツツジより若干早めの時季ですよ。


平等院

数は多くないですがポイント的にところどころにありますよツツジ。
特に藤との共演は美しいです。
2008年は藤が衰えてきていて櫛の歯状にスカスカでしたが
密度の高いところを横から狙って撮ったらマジックが起きました(笑)

byodofujitudo.jpg(2008年4月28日)

こちらはスカスカがわかっちゃうアングル。。

byodotufuao.jpg(2008年4月28日)

現在は、鳳凰堂の大規模修理の際に発見された平安時代の瓦が
この画像の位置から見える向かって左側の屋根に集められているそうです。
他より白っぽいのでわかると思いますよ。

byodotutunana.jpg(2008年4月28日)

鳳凰堂修理に合わせて樹勢回復のため剪定した藤も今年は復活してきているようですので
来年以降が楽しみですねヽ(@´∀`@)ノ


神泉苑

ツツジ名所っていう認識はあまりないかもしれませんが
池の周囲にたくさん咲いていてのんびり楽しめます。全然混まないし。
龍の頭が付いた船(龍王船)もあって面白いです。

sinsenen.jpg(2012年5月8日)

池の中に建つお社に向かう橋

sinsenenhasi.jpg(2012年5月8日)

池に映るのもまた良し。

sinsenenike2.jpg(2012年5月8日)

ここでツツジコレクション前半終わりです。後半はもっとすごいです。(たぶん)
posted by まきぼう at 23:54 | Comment(0) | 躑躅・一初・杜若・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月02日

一初コレクション

秋まで上洛できないので古い画像を貼っちゃう自己満足シリーズですが
少しでも観光に行かれるかたの参考になるように
先にイチハツ・ツツジ・カキツバタをやりますね。
(牡丹・石楠花・藤は今年はもう見頃に間に合わないので後回しにします)

しかしほんと今年は初夏花進行早いですね。。
遅きに失した感はありますがまずイチハツから行きます。
アヤメ属でいち早く咲くので一初と名が付いたそうですが、、シャガのほうが早いですよねw

梅宮大社

アヤメ属いろいろあります。不勉強のため何だかよくわからないカオス状態ですが。
画像整理してて気付いたのですけどイチハツもありました。これそうですよね?
場所は東神苑から北神苑に向かう薄暗いところだったかしら

umenomiyaitiha.jpg(20012年5月10日)


平野神社

東の鳥居の外や桜苑内にもあるのですが、下手っぴなのでなかなか撮影は難しくて(;◞‸◟)

hirano.jpgこの場所が一番撮りやすい具合に
群生してました。
“一番花”が枯れ始めてるので
盛りの画像ではありませんが。

赤紫っぽいのは
ジャーマンアイリス(独逸菖蒲!)ですね。
次に行けたらもっとちゃんと撮ります。。

(2012年5月8日)


得浄明院

知恩院前の華頂通からちょっと北に入ったところ。イチハツが咲く時期に特別公開されるお寺です。
これも一番花ピーク過ぎててちょっと崩れが目立ってきてる画像ですが。

tokujyomyo2.jpg(2012年5月8日)

イチハツの特徴は中央にある鶏冠状突起という鶏のトサカみたいなやつです。
アップで見るとちょっと怖いかも(;^﹏^)

tokujyomyoup.jpg


上御霊神社

goryojinjya.jpgイチハツと言えばここ!という名所。
この画像は一番花ピーク過ぎてて
最高潮ではないのですけど
それなりにいいでしょ。

(2012年5月8日)

goryojinjya2.jpg外塀沿いの群生
見ごたえあります。

境内にもちょこちょこ咲いてます。
後ろに写ってる不思議なものは「清明心の像」。
子供たちに命の尊さを伝えるため創られたのですって。うーむ。

goryojinkeida.jpg

しかしブロガーさん情報によると今年の上御霊神社は状態が良くないそうですね。
なんか最近多いですよね(´・ω・`) 
生理的に弱ってくる時期だったり、回復のためではなく人間の都合でバッサリっていうのが。
なんだか見につまされます(笑) ←笑っちゃいかんだろ

以上、イチハツコレクションでした。
posted by まきぼう at 23:12 | Comment(0) | 躑躅・一初・杜若・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする