2015年06月09日

花菖蒲コレクション 4 法金剛院・野村碧雲荘

花菖蒲コレクション最終回です。※例によって今年の状況ではないのでご注意ください。

★法金剛院

アジサイ狙いで行きましたらいろんなものが咲き競っていました。(以下すべて2009年6月14日)

hokongo09hanatate.jpg
何でしょうねここの花はみな勢いがあるのです。写真を撮っていると我も我もと主張してきます(笑) そのオーラに気圧されて画像は飛びぎみに(´-∀-`)

花菖蒲は全体に「一番花」の萎れが目立つタイミングになってしまいましたが。
ここに写っているのは花菖蒲のほかにアジサイ、額アジサイ、ハス、沙羅、ナデシコ。もうなんだかよくわかりません(笑)

hokongo09iroiro.jpg

左の白いかたまりはアジサイ。それ以外の白と紫が花菖蒲です。
6月の法金剛院は花も緑もワサワサ茂って楽しい宴の場ですね。
アジサイはまた次の機会に紹介します。

hokongo09hiki.jpg


★野村碧雲荘

hekiunsotate.jpg
(以下すべて2011年6月8日)
明治初期のなんだかんだで没収された南禅寺塔頭の跡地に政財界の有力者のかたがたが建てた別荘群の中の一つでございます。つまり野村さん個人のお宅ですね。
一般公開しているわけではないのですが、入り口の中、柵のある手前まではご厚意で入らせていただけるということで。

この年の花菖蒲は花付きが少ないようでしたが謹んで見せていただきました。
2006年に重要文化財指定を受けた風雅な建物が良き背景となっておりまする。

hekiunsohiki.jpg

立ち入り禁止区域をズームで撮らせていただいた図

hekiunsosui.jpg

ですがこの後、どうやら敷地内で狼藉を働いたカメラマンがいたらしく、入口のところに柵が設置されてしまいました。
一時的に解除された時期もあったものの、今現在はまた立ち入り禁止になっているようです。残念ではありますが致し方ありません。

ここ以外に、かつて一般公開されたことがあるいくつかの別荘庭園も、維持管理上の事情などから今は大半が非公開になっています。
私が運よく見ることができたのは對龍山荘洛翠庭園だけです。何有荘織寶苑は見逃してしまいました。またいつか見せていただけるといいな。。儚い夢ですが。
流響院(旧織寶苑)は今も申込制で限定公開してますが撮影禁止ですしムニャムニャ・・・

お屋敷に関する雑談に終始してしまいましたが花菖蒲コレクションおしまいですw
そのほかの花菖蒲名所は、しょうざん神光院石山寺(滋賀)でしょうか。
次回は紫陽花コレクションやります。
posted by まきぼう at 02:15 | Comment(0) | 皐月・花菖蒲・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月07日

花菖蒲コレクション 3 梅宮大社

コレクション最多出場(たぶん)の梅宮大社です。このあとアジサイもありますし。
例によって過去画像しかも花菖蒲ピークはずしたのが多いですがご容赦を。。

花菖蒲は水の中で咲くイメージがありますが、あれは観賞用に一時的に水を張っているだけです。カキツバタと違って水中でほったらかすと腐ります(笑) 基本的には鉢で栽培するように改良されてきたものなのだそうです。
あれっでもそうすると池に通年どっぷり浸かってるイメージのある平安神宮なんかはどうやって管理してるんだろう・・・

これは花菖蒲の縄張りが池と区切られているのがわかる画像。(2011年6月9日)

umenomiya11hanaup.jpg

背景は池の中にある茶室「池中亭」(2009年6月15日)

umenomiya09tyaya.jpg

なかなか良く咲いてます。(2011年6月9日)

umenomiya11hanahiki.jpg

umenomiya11tate.jpg
(2011年6月9日)
ここからは北神苑の勾玉池。
規模の大きな菖蒲園などではもっと大群生が見られるのかもしれませんが、やはり京都の社寺にはそういうところはないですね。
府立植物園など結構すごいと思いますが他県のかたから見たらまだまだなのでしょうかね(笑)

スイレンも咲いてます。この季節に水辺を撮るとヘドロみたいなものが写ってしまうw (2011年6月9日)

umenomiya11suiren2.jpg

花菖蒲はまだ蕾もたくさん。(2011年6月9日)

umenomiya11suiren.jpg

梅宮大社、最近は猫の神社としても有名になってきたみたいですがそれはまた別の機会に。フフフ・・・
posted by まきぼう at 19:47 | Comment(0) | 皐月・花菖蒲・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月06日

花菖蒲コレクション 2 勧修寺

アヤメ科の中ではぽってりした存在感ある花だけど(ジャーマンアイリスには負ける?)日本庭園にも似合う和の風情がありますよね花菖蒲。でも意外に京都には少ない気もします。 ・・・そうでもないか

で、今日は勧修寺の過去画像です。
ワイルド感あふれる池泉庭園「氷池園」。どの季節も良いけどやはり花菖蒲やスイレンのころが一番好きかも。水面が見えないくらいハスがワサワサに茂る夏にも来てみたいけど暑さが大の苦手ゆえ無理です。
画像は花菖蒲もスイレンも見頃新鮮。
(以下すべて2011年6月8日)

kajyuji11yoko.jpg

背景はくすんだ色の空のように見えますが、水面に映った空です。ちょっと不思議なかんじ。

kajyuji11syobuup.jpg

観音堂と花菖蒲。右側にあるのは藤棚。 藤だな!by裸の大将
もう少し密度があれば素晴らしい光景ですけどもこの日にちにしては良く咲いてると思います。

kajyuji11kanyoko.jpg

kajyuji11kanhiki.jpg

kajyuji11tate.jpg
この画像の右のほうに中の島がありまして、そこに住む水鳥は昼間は琵琶湖まで遊びに出かける、という話を聞きましたが本当かしら?

ギャァギャァと鳴くサギや地響きのような声のウシガエルもいて賑やかだけど静かなお寺。(笑)
いつ来てものんびりできてうれしいです。
posted by まきぼう at 22:54 | Comment(0) | 皐月・花菖蒲・青紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする