2016年10月03日

「そうだ京都行こう」紅葉コレクション 9 天龍寺

JR東海のキャンペーンにちなんだ紅葉コレクション(うちの過去画像を紹介するシリーズ)です。
通し番号なので(9)から始まりますw

▼今年のキャンペーン舞台、天龍寺のCM
http://souda-kyoto.jp/campaign/index.html

soukyo_tenryu2.jpg

天龍寺は開基が足利尊氏、開山は夢窓疎石、後醍醐天皇の菩提を弔うため開かれたという超名刹でございますね。
キャンペーン打つまでもない と言ったら身も蓋もないですがw
リピーターの皆さんは今季は避けたほうが無難でしょうね(´・ω・`)

まず総門から入って参道両側の塔頭近辺や龍の天井画が有名な法堂の前にも色付きの良い木がたくさんあります。
ただ大半が駐車場になってるので風情には欠けるかも。

庫裏前の木も毎年発色が良いです。
とにかく人が多いのでこんなかんじの煽りぎみでないと撮れませんが。
▼2013年11月27日  

13tenryujikuri.jpg

そして夢窓国師の作庭と言われる曹源池庭園ですよ。
庭園全体が真っ赤になるわけではないですが様々な色と借景の嵐山との共演が美しいです。
天龍寺へは最近では2007年と2013年に行きましたが、どちらもコンデジの設定を間違えてて特に2013年は色がひどいです。
何故か枚数もあまり撮ってなくて(´・ω・`) 反省。。参考にならなくてすみません。

曹源池庭園の紅葉は境内(庫裏の東側)よりも色付きが早く、高雄、比叡山、貴船・鞍馬、大原、鷹峯の次ぐらいに見頃になるので、2013年はすでにピークはだいぶ過ぎてしまってました。
▼2013年11月27日  右奥は書院

13tenryujiike.jpg

▼2013年11月27日

13tenryujiikenana.jpg

2007年は色付きは淡いけどちょうど見頃新鮮。
大方丈からはゆったりと庭園をながめられますが、外にひしめく観光客で景色が隠れてしまうこと必至です。
▼2007年11月17日  人が途切れた一瞬に撮ったので変な構図。

07tenryujidokara.jpg

▼2013年11月27日  逆光で色がひどい。。大方丈前にものすごい人! 

13tenryujiikedo.jpg

▼2007年11月17日  同じ場所とは思えない色(笑)

07tenryujiikedo.jpg

池の後ろの「望京の丘」や多宝塔への渡り廊下付近や北門までの順路でも紅葉が見られますのでぜひそちらも見てね。
▼2013年11月27日 これは北門付近のカエデ。

13tenryujitate.jpg

とにかくどの季節も(朝一でも)人に酔ってあたふた歩いておしまいになってしまいがちですが、時間に余裕を持って堂内も含めゆっくり拝観してくださいませね。

以上、天龍寺でした。
posted by まきぼう at 02:34 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月03日

2015紅葉現状 最終回

今季、久々に行きたいところがいくつかあったのですが
行っても不完全燃焼になりそうだったので上洛は無しにしました(´・ω・`)
(悲しいので、来年の桜の宿をしっかり確保させて頂きましたw)

syuonan.jpg行きたかった所のひとつ、一休寺。
古いカメラなので色が変ですが。
(2006年11月26日)

reikanhondo.jpg霊鑑寺
(2006年11月26日)

遅いところは連休後に見頃になって来るかも、と予想していましたが
色付きはかなりマッタリした速度になりましたね。
予想通りだったのは、11月末以降にまあまあうまく色付いた木とそうでない木が複雑に混在したこと。
今現在、赤く色付いて健闘してくれてるカエデもあるようです。
これは事前に読めなかっただろうしやっぱり上洛無しにして正解だったなぁ(´・ω・`)
関東からだと旅費も馬鹿にならないですのでね・・・

ここ数日そこそこ良さげな所(情報が上がってる所のみ)
☆善峯寺・・・要所要所に色が出てるみたいです
☆金戒光明寺山門裏(1本だけ)
☆栄摂院・・・ピークは過ぎたけど
☆宝筐院・・・ドウダンツツジ込みでそこそこ良い雰囲気
☆毘沙門堂・・・ドウダンツツジは終盤に入ってしまったけど一部遅れていたカエデがきれい
☆蓮華寺
☆京都御苑・・・広いだけあって色の出てる木がある

☆北野天満宮・・・もみじ苑の公開延長が決定(色付きはどうですかね〜)

eisyoin.jpg栄摂院
(2010年11月28日)

10houkyotate.jpg宝筐院
(2010年11月29日)


情報を下さった皆様ありがとうございました!
来年以降の糧にいたします(`・∀・´)=3

※今季はとうとう堤タクシーさんの速報更新が途絶えてしまいましたね。
お忙しいのでしょうけど残念です。。
posted by まきぼう at 23:47 | Comment(4) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月23日

「そうだ京都行こう」紅葉コレクション 8 東福寺

JR東海のキャンペーンにちなんだ紅葉コレクションやってます。
(当然ながら過去画像ですのでご注意ください。)

soukyo_toufuku.jpgCMの7番目に出てくる東福寺。
宣伝の必要が無いくらいの大人気紅葉名所だから宣伝しなくてもいいとおもう(笑)

通天橋の美しい蟇股(欄間彫刻みたいなやつ)のところが最高のビューポイントですね。
構図的には一般人にも撮影可能だけど人が多すぎてまず無理です。

2002年は数十年に一度の最強の色付きでした。
この年は例年より7日〜10日ほど進行が早く、しかも全山一斉色付きで真っ赤です。
夜、眠ろうとしても目の前に赤がちらつくほどすごかったです。

02toufukuji.jpg(2002年11月14日)
この位置だと色が少し淡いですが

朝一から半端なく長蛇の列ができます。
先頭に並んだとしても受付開始後はドッと人がなだれ込みますから
蟇股ちゃんを入れて人のいない画像を撮るのは無理でしょうね。
※ですが、閉門まぎわに警備員さんにせかされつつなら撮れるそうですよ┃д・)コソーリ

2012年訪問時は本降りの雨だったので少し並んだ程度で拝観券ゲットできました。
通天橋の大渋滞もなく普通に歩けましたが景色は雨に煙りまくり。
痛し痒しですなぁ( ´д`)

12touhukujiue.jpg(2012年11月26日)

02toufukutani.jpg(2002年11月14日)

起伏のある広い境内なのでカエデの色・進行具合ともさまざまで
けっこう長く楽しめますね。
谷底へ降りるあたりは青葉まじりだけど一番下はすでに散り絨毯になっていたり。
通天橋周辺も様々な色に染まります。

12touhukujikairo.jpg(2012年11月26日)

12touhukukairoaka.jpg(2012年11月26日)

誇張でなく本当に燃えるような通天橋。
ここまでの発色は今度いつ見られるでしょうか・・・

02toufukututen.jpg(2002年11月14日)

02toufukuitimatu.jpg本坊庭園と塔頭の龍吟庵は色付きやや遅め。
特に龍吟庵は遅いですね。
画像はまた別の機会に・・・

(2002年11月14日)


以上、「そうだ 京都、行こう。」紅葉コレクションはこれでおしまいです。
次からはもう紅葉見頃予想をしなくては。
ヽ(´Д`|||)ノ あたふた
posted by まきぼう at 23:16 | Comment(2) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月21日

「そうだ京都行こう」紅葉コレクション 7 曼殊院

JR東海のキャンペーンにちなんだ紅葉コレクションやってます。
(当然ながら過去画像ですのでご注意ください。)

soukyo_mansyukoyo.jpgCMの6番目に出てくる曼殊院
これはクレーン撮影なのであきらかに一般人には無理ですねぇ。

考えてみたらもう10年も秋の曼殊院には行ってなかったわー!
なにかと微妙に行きにくい立地なんですよね…

門前にある曼殊院天満宮と弁天池周辺が先に色づきます。
茶屋もあってなかなかきれいなのですけど画像が手元に無かった(´・ω・`)

次に勅使門左右の築地塀のところの斜面が見頃になります。
門跡寺院らしい格式の高さを表す五本線の塀でございます。
ここが色付きの良い時は、中を拝観しなくてもここだけで充分とかよく言われてます。
(古いカメラなので気持ち悪い色でちょっと興ざめですみません。。)

05mansyuhei.jpg以下すべて
(2005年11月26日)

05mansyuhei2.jpg

とは言えやっぱり庭園も見なくては。
白砂と松の緑が美しく優雅な枯山水庭園なので
一面真っ赤に染まるというわけではないですけどもね。

05mansyuniwatat.jpg大混雑の堂内からの撮影はちょっと難しいかも。
大書院から見た小書院は人が鈴なりなのでちょこっとだけ写してます。

05mansyuniwa.jpg

そろそろまた行ってみなくては。 以上、曼殊院でした。
posted by まきぼう at 01:39 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする