2016年11月12日

2016紅葉現状と狙い目

※画像は過去のものなのでご注意くださいませ。
11月に入って良く冷え込みましたが、紅葉はそれほど加速せず進んだかんじですね。
京都ファンコミュニティ等では続々と画像が上がってきていますが、実際以上に彩度を上げて載せてらっしゃるかたが少なくないのでちょっとびっくりしたりしてます(笑)

【現状】
地元の皆様及び公的機関様等の速報や画像を拝見して、個人的に総括させて頂きました
※「見頃」とは、まだ盛り前だけどそこそこ見応えの出て来たかんじを指しています。
見頃・・・神護寺、南禅寺天授庵
見頃開始or部分的見頃・・・西明寺、天龍寺庭園、圓光寺、光悦寺、永観堂、善峯寺

その他の名所はまだ早いにしても発色がきれいで部分的にグラデーションが見頃と言っても良さそうなところが見受けられます。
中にはやたら進行の早い木があるのが少し気になるところではありますが。

▼2007年11月17日  西明寺

07saimyouji.jpg

【気象庁の季節予報(近畿地方1か月予報)】
気温
11月12日〜18日 高い
11月19日〜25日 平年並み〜高い  15日〜24日に異常天候早期警戒情報が出てます
11月26〜12月9日 ほぼ平年並み〜やや高め
日照時間・・・ほぼ平年並み
降水量・・・ほぼ平年並み

▼2011年11月25日  光悦寺参道(変なポーズのおじさんが写ってる)

11kouetusando.jpg

【狙い目】
これからの気温の中だるみが心配です。。
異常天候早期警戒情報が出てますのでかなりあったかいみたいです(´・ω・`)
今の流れは当然止まりますよね。
やっぱり遅いところを狙ったほうが確実かなぁ。
自分の行きたいところはまだ全然絞りきれてないです(;´・ω・`)
posted by まきぼう at 21:16 | Comment(2) | 紅葉見頃予想とコース案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月08日

東福寺一部撮影禁止に

東福寺通天橋・臥雲橋からの写真撮影が11月12日〜11月30日の期間限定で禁止されることになりました。
京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20161108000022
東福寺HP http://www.tofukuji.jp/news/?p=165

▼2012年11月26日  雨の臥雲橋から通天橋

touhukujihasi.jpg

これは残念ですがやむをえなしと言うしかないでしょうね。危険ですもんね。
だから去年「宣伝しないほうがいい」って言ったのに(´・ω・`)
「そうだ 京都、行こう。」キャンペーン2015秋(リンク貼って良い動画かわからないけど)
https://www.youtube.com/watch?v=o18PgIuYQ48

うちのサイトでも去年特集しました。
http://kyotobonno.seesaa.net/article/428372647.html
この中の何枚かが撮れなくなるということですにゃ。

石塀小路の全面撮影禁止問題といい、最近はいろいろありますね。
(個人的にはウエディング前撮りを市内全面禁止にして欲しいw)
知らずに出かけて激怒し暴動を起こすような人が現れないことを祈ります。

これだけでは寂しいので青もみじの画像を置いときます。
▼2012年5月9日

toufukuji12hasi.jpg

▼2011年6月7日

toufukujitunaka.jpg
タグ:洛東
posted by まきぼう at 20:05 | Comment(2) | イベント等情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月04日

2016紅葉見頃予想と行きたいところ

関東ではここ数日(全国的に?)いきなり冷え込んで冬の様相を呈してきました。
もう最近は季節がなだらかに進んでくれないですね一気に来ますね。。
京都でも紅葉色づきが進んでるみたいなので今年も情報収集の鬼になります(`・ω・´) シャキーン

▼画像は2007年11月19日  神護寺

07jingojikaidan.jpg

ここ数年の異常気象っぷりに加えて、
京都の紅葉を長期的統括的かつ局所的に観察し続けてらっしゃるブロガーさんや公的機関の情報でないと参考にしにくいというのもありまして(失礼な言い方ですけども。)
なかなか読みが難しくなってきていますね。

気象庁の季節予報(近畿地方1か月予報)
11月5日〜11日 気温低い
11月12日〜18日 気温平年並み〜高め
11月19〜12月2日 ほぼ平年並み

日照時間 やや多め
降水量 少なめ〜平年並み

民間予報会社等の紅葉見頃予想・・・わかりにくいけど平年並みと言ってるっぽい?
遅れぎみと思っていた神護寺に本日「見頃」の判定が出たみたいですけどまだ少し早いのではないかしら。おそらくせいぜい5分ぐらいでは?

お寺のSNS等・・・だんだん色付いてきました、ぐらいのコメントが多いですねw
とりあえず平年並みということですかね(´・ω・`)
ただ、10月いっぱいは暖かい日が多かったにもかかわらず真如堂など各地で異様に早く色付いた木が見受けられるとのこと。昨年のような事態にならねば良いですが。。

※11月5日追記:毘沙門堂は昨年より遅い進行だそうです。
他にも昨年より遅めのところがいくつかあるようです。
(昨年は、進行早い組はやたら早く終了し普通組はパッとしないダラダラ進行で、平年に比べてどうなのかわかりにくかったですが)


▼2010年11月28日  真如堂

10sinnyouratiri.jpg

【紅葉見頃予想】
色付き普通組の健全な木は、しっかり進行してほぼ平年並みに色づいてくれそうな気がします。11月に入ってから冷え込んで来てますし今後の日照や降水量もまあまあのようなので。
中旬の気温の中だるみが若干心配ではありますが。

【狙い目】
京都の11月は出遅れや中だるみがあっても下旬には冷え込んで気温も紅葉も例年並みに戻ることが多いので、色付き遅め組や散り紅葉組を狙ったほうが確実性は高いと思われるのですけども…
毎年それではつまらないのでヽ(`Д´)ノ
自分は中ぐらい〜若干遅めぐらいのところを狙おうかなぁと。

【自分の行きたいところ覚え書き】
遅めのところやちょっと遠いところも混ざってるけど叩き台ということで。

毘沙門堂
旧三井家下鴨別邸
白沙村荘・銀閣寺・法然院・安楽寺・霊鑑寺
雲龍院・来迎院
三室戸寺・酬恩庵
等持院・北野天満宮・しょうざん・高桐院
光明寺・楊谷寺・大山崎山荘美術館
posted by まきぼう at 21:03 | Comment(2) | 紅葉見頃予想とコース案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月01日

「そうだ京都行こう」紅葉コレクション 13 建仁寺

JR東海のキャンペーンにちなんだ紅葉コレクションをやってまして順番的に次は東寺なのですが、うちには東寺の秋の画像がありません。
行ったつもりになってましたが行ってなかったです(´・ω・`) そろそろ行かなくちゃ。
ですので次の建仁寺に行きますね。
http://souda-kyoto.jp/tokusyu/autumn/2016/special.html

soukyo_kenninji.jpg

最初にここを訪れた15年ほど前は祇園のすぐ南とは思えないほどの静寂でびっくりでした。
その後、秋は2008年・2013年に行きましたがまだ混雑はそれほどでもなく。
今年の春、牡丹を見に行きましたら花見小路の外国人さん軍団の多くが流れ込んで来てるかんじでまぁ賑やかなこと(。´ω`。)

それはいいとして紅葉ですよ。
街なかですので境内の色付きは若干遅め。
本数は多くありませんがカエデも松も立派で伽藍との共演が美しいです。

2008年は色付き進行平年並みの年。境内は散り中ですがまだまだきれい。
▼2008年11月30日

08kenninhattou.jpg

08kenninjitate.jpg

2013年も平年並み〜若干遅め程度の年
▼2013年11月28日  やはり散り中ですがまだまだきれい。画像は下手くそ

13kenninjimatu.jpg

そして本坊の中庭、潮音庭ですよ。
こちらは見頃がかなり遅いので要注意!境内の見頃が終わるころに盛りになります。
小書院から眺めると大書院の風神雷神図が見えます。
▼2008年11月30日  紅葉まだちょっと早め。(以下すべて同じ日です)

08kenninji.jpg

大書院から小書院

08kenninjimuko.jpg

造園家・北山安夫氏の監修により2005年に作庭。
四方向から鑑賞できるよう石組みが渦巻き型の配置になっています。

08kenninjinana.jpg

つまりどの方向から撮っても人が写り込むのです。
まだ知名度は高くないですが人気上昇中のお庭ですからね(´・ω・`)
ただ、かなり見頃が遅いですのでそれを見込んで散り際を狙うとかすれば時間帯によっては独り占めできることもあるかも

08kenninjinana2.jpg

08kenninjiyoko.jpg

今回は紅葉メインで紹介しましたが他にも興味深い庭園がありますし、
最新デジタル技術によって作成された有名な「風神雷神図屏風」をはじめとする高精細複製品や法堂の天井画「双龍図」なども見ごたえありますよ。
複製品は写真撮り放題ですし(。´ω`。)
ゆっくり時間を取ってご覧くださいませね。
posted by まきぼう at 22:49 | Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする